心房粗動 判読演習(タイプ識別編)

まとめ記事
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

AFLの判読演習(タイプ識別編)、やってみましょう!

 

ポイントは、

・心房粗動と認識できること

・房室伝導比

通常型と非通常型の識別

です。

 

さらに治療まで思いを馳せることができればさらにOKです。

 

では、今回は通常型の識別をやっていきましょう!!!

 

 

問題

問題1

問題2

問題3

問題4

問題5

問題6

 

解答

問題1

①ⅢaVFⅡで「下にだらだら」

②V1で陽性P

③V6で陰性P

通常型AFL

 

問題2

①aVFⅡで「上にだらだら」

②V1で陽性P(P波なしと言ってもいいかもしれない)

③V6で陰性P(P波なしと言ってもいいかもしれない)

逆旋回通常型AFL

 

問題3

①ⅢaVFⅡで「下にだらだら」

②V1で陽性P

③V6で陰性P

通常型AFL

 

問題4

①ⅢaVFⅡで「下にだらだら」

②V1で陽性P

③V6で陰性P

通常型AFL

 

問題5

①ⅢaVFⅡで「下にだらだら」

②V1で陽性P

③V6で陰性P

通常型AFL

問題6

①ⅢaVFⅡで「下にだらだら」

②V1で陽性P

③V6で陰性P

通常型AFL

 

参考

blog

・LIFTL

Atrial Flutter
Atrial flutter is a type of supraventricular tachycardia caused by a re-entry circuit within the right atrium

 

コメント