Brugada症候群

まとめ記事
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

臨床で頻繁に出会うBrugada症候群に関してまとめてみた!

 

Brugada症候群の名称

・1992年にブルガダらによって報告された。

・報告者にちなんで名付けられた。

・ちなみにブルガダさんは、一人ではなく3兄弟。

・築島先生は「だんご3兄弟」と評されている。理由は想像におまかせします笑。

 

 

Brugada症候群の特徴

・特徴的な心電図所見(ブルガダ心電図)を呈し、心室細動による突然死を来す疾患。

・心臓自体に器質的な異常(構造的な異常)がないことが多い

 

・日本人を始めとするアジア人に多い。

・Brugada症候群であったと思われる若年突然死の報告は以前よりあり、日本では「ぽっくり病」と称されていた。同様の言葉が、フィリピンやタイなどの国にもある。

 

・いわゆるBrugada症候群(タイプ1)は、全人口の0.05-0.2%程度。

・成人男性に圧倒的に多い(9:1)。

 

・SCN5A(ナトリウムチャネル)遺伝子の変異が約20%に検出されている。

・右室流出路を中心とした貫壁性の再分極異常によりBrugada心電図を呈する。

・心室細動の発生機序に、心内膜側と心外膜側の拡張期の活動電位差による局所の興奮旋回(第2相リエントリー)が関与していると言われている。

 

・fragmented QRSを有するものは予後が悪い。

 

 

Brugada心電図

 

以下より引用

Brugada Syndrome
Brugada Syndrome - ECG abnormality with a high incidence of sudden death in patients with structurally normal hearts. Brugada - EKG Library

 

・すぐに目につくのは、「V1-3誘導の変化」ではないでしょうか?

・右室流出路を中心とした再分極異常が原因であるので、右室を眺めるV1-3誘導で変化が出現するのは頷けます。

・具体的には、「J波増高」と「特徴的なST上昇」。

・特徴的なST上昇

コブド型 陰性T波が続く

サドルバック型 陽性T波が続く

・数値的な部分は、ガイドラインや報告によってまちまち

 

鑑別すべき心電図

rSR’@V1-3

・右脚ブロック

 

ST上昇@V1-3

・急性前壁中隔心筋梗塞

 

 

臨床でのポイント

・いかにタイプ1を見つけ、有症候性か否かを見極めること。

・タイプ2やタイプ3の外見をした「実はタイプ1」をあぶり出す。

・あぶり出す方法

肋間を上げた記録

薬物(Ⅰa/Ⅰc群Naチャネル遮断薬)負荷試験

発熱時、運動負荷後、満腹後の記録

 

 

 

心電図検定でのポイント

・問題文にヒントが隠されている

「夜間 or 早朝に自宅で心肺停止状態で搬送。自己心拍再開後の心電図」

「夜間就寝中に異常行動を家族に指摘され受診。」

「健診での心電図異常のため受診。」(これはヒントになっていないか…)

 

 

今後深めたい関連事項

・fragmented QRSを持つBrugada症候群

 

 

参考にしたもの

Blog

・Cardio2012のECGブログ-2019改

心電図会の神、Dr.築島のブログです。心電図学習に有用な、様々な見やすい図と情報が満載です。

初級者〜中級者向け

 

https://heart2019ecg.hatenablog.com

 

 

・LIFE IN THE FASTLANE-ECG Library-

具体的な心電図が多く掲載されており、心電図多読に役立ちます。

初級者〜中級者向け

 

https://litfl.com/ecg-library/

 

 

・Dr. Smith’s ECG Blog

海外版の築島先生でしょうか。救急分野の心電図が多く掲載されており、その解説も秀逸です。

中級者〜上級者向け

 

http://hqmeded-ecg.blogspot.com

Youtube

・心電図マイスターチャンネル

中上級者が沼にハマっているのを、わかりやすい動画で救い出してくれた救世主です。

言葉で語る必要はありません。まずは見てみてください!

中級者〜上級者向け

 

 

https://www.youtube.com/channel/UC0YXMllTMEDaTqJMkogVHUA

 

 

 

コメント