僧帽弁逆流症(MR)

まとめ記事
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

実臨床でいつも対応に悩むMRについてまとめてみた!

 

疫学

先進国では、ASと並ぶほどの有病率を誇ります。

 

やはり、

加齢に伴って増加

してくるようです。

 

なんと

米国では75歳以上の10人に1人が中等度以上のMR

との報告もあるようです。

 

避けては通れない疾患ですね。

 

解剖

僧帽弁を構成しているのは、

左室、乳頭筋、腱索、弁尖、弁輪、左房

6つの構造物です。

 

これらを合わせて

僧帽弁装置=僧帽弁複合体

と呼びます。

 

どの部分に異常が起きても、MRは生じます。

 

したがって、MRをみたら、

この6つの構造物をそれぞれ評価する必要があります。

 

分類

大分類

まずはざっくりと分けます。

  • 一次性(primary):器質性(organic)
  • 二次性(secondary):機能性(functional)

 

この分類は原因となる構造物が異なります。

  • 一次性の原因部位・・・乳頭筋、腱索、弁尖、弁輪
  • 二次性の原因部位・・・左室、左房

 

二次性はchamber(心腔)に原因があるということですね。

 

一次性の疫学

先進国における一次性MRは、

リウマチ熱によるものは激減

しています。

 

現在は、

  • 僧帽弁逸脱症
  • 加齢や透析による弁尖、弁輪の石灰化

主となっております

 

逸脱症

僧帽弁逸脱症の素地となるのは、

弁尖腱索へのムコ多糖の蓄積による

粘液腫様変性

です。

 

ムコ多糖が蓄積してしまう原因はわからないことが多く、

特発性

として扱うこととなります。

 

結局、逸脱症は、障害を受けている部位がどちらが主かで

  • 腱索の延長、断裂が主 ⇒ fibroelastic deficiency(FED)
  • 弁尖の粘液腫様変性が主 ⇒ Barlow’s disease

と分類します。

 

 

コメント