OMI(Occlusion Myocardial Infarction)という考え方 1/X

未分類
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

OMI(Occlusion Myocardial Infarction)という考え方 1/X

 

急性冠症候群の新たなアプローチ方法が提唱されている。

その方法を複数回にわたり、自分なりにまとめてみる。

 

まず第一回は、

現在自分たちが使用している「STEMIパラダイムの問題点」について

 

STEMIパラダイムの問題点

・STEMIパラダイムは、前提として「STEMI=ACO(acute coronary occlusion)」としている。

・しかしながら、「上昇のありなし」が、「急性冠動脈閉塞のありなし」と必ずしも一致しないことが、明らかになりつつある・

・そのため、25%のACOは見逃され、また心臓カテーテル検査を受けた症例の25%がACOではなかった

OMI/NOMIパラダイムが新たに提唱されている。

今回は以上。

 

たしかに実臨床で、

「ST上がってないから、大丈夫だよね。」とゆったり構えて造影してみたら、完全閉塞であったなんてことはよくある。見逃しにはなってないが、早期再灌流という観点からはベストを尽くせていないことになる。

 

OMIの概念を深めていくことで、ACOを早期に検出できるようになることが重要と考える。

引き続き、OMIについて掘り下げていく。

コメント